スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
英語圏のワーキングホリデー申請条件(カナダ)
英語を勉強したい、英語を話す生活をしたい、英語圏の文化を学んだり英語圏の人と交流を深めたいという人に人気のワーキングホリデー。通称ワーホリと呼ばれるこの制度は最長1年間、海外でその文化を学びながら休暇を過ごし、またその滞在資金を補うため一時的に就労することを許されている制度です。
英語圏の国でこのワーホリ制度を利用できる国にカナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドがあります。
ここでカナダのワーホリを少しご紹介したいと思います。

<カナダのワーホリの申請条件>
・日本に住んでいる日本人
・一定期間カナダで休暇を過ごすことを目的としている人(最長1年間)
・カナダのワーホリに初めて参加する人
・年齢が18才〜30才の人(※申請書受理時点での年齢。出発日時点での年齢ではありません。)
・有効なパスポートを所有している人で往復切符を持っている人、もしくは購入資金がある人
・希望滞在期間中の生活資金がある人(医療費も含む)
・常識があり、善良で健康な人
・カナダで仕事が内定していない人

英語力アップを目指しカナダへのワーキングホリデーを考えているのなら、カナダ大使館のワーキングホリデー制度に関するサイトを見てみると良いでしょう。募集要項、申請方法、提出書類などの情報を得ることができます。

| 基礎知識 |
英会話学校(ベルリッツ)
英会話レッスンの料金が安いというだけでは英会話学校を決めたくない。そんな人は一度ベルリッツに説明を聞きに行ってみてはいかがですか?ベルリッツは他の英会話学校よりもレッスン料が少し高めでも質の良い教師・レッスンを提供してくれる英会話学校に通いたいという人から高い支持を受けています。
<1レッスンあたりの料金>
他の有名英会話学校と比べるとやや高めです。
<教師:ネイティブ>
ベルリッツの教師はネイティブのみとなっています。
<担任制ではない>
ベルリッツは担任制をとっていません。そのためレッスンを担当する教師は固定されません。教師が毎回変わることでレッスン毎に内容の良し悪しが出てしまう英会話学校が多い中で、ベルリッツは教師の質のばらつきが少なく、またベルリッツメソッドと呼ばれる独自のメソッドを持っているためどの教師に当たっても同じ内容のレッスンを受けることができるという特徴があります。
<スケジュール予約制・固定制>
レッスンスケジュールはプライベートが予約制でセミプライベート、セミグループが固定制です。固定制はレッスン曜日や時間が固定されているので自分のスケジュールが比較的落ち着いている人にお勧めです。固定制はレッスン日に出席できない時には振り替えが可能です。

| 基礎知識 |
英語学習(目標の立て方)
英語を勉強するぞ!と意気込んでいる人の中には、気合が先走ってしまい一気に勉強して疲れて辞めてしまう人がよく見られます。
英語学習を始めようと思い立ち、毎日3時間勉強する、3ヶ月で日常会話ができるようにする、洋画をすべて聞き取れるようにするといったハードルの高い目標を立て、途中で挫折したことがある人はいませんか?
実現不可能な高い目標を立ててしまうと、やる気だけが空回りして結局続かずに終わってしまうことになります。がんばる気持ちは大切ですが、無理な計画をたてて止めてしまっては意味がありません。
計画を立てるときは大きな目標だけでなく、小さな目標や中くらいの目標も立てることが大切です。漠然と1年後には英語が話せるようになる、という目標を立てても達成することは難しいでしょう。大きな目標があるのなら必ずそれにつながる小さな目標、中くらいの目標を立てる必要があります。例えば、通勤電車の中で毎日15分英語を聞く、会社から駅までの時間は英語を聞きながら口に出して言ってみる、英語の記事を毎日1つは読むなどが小さな目標にあたります。中くらいの目標は1〜3ヶ月で達成できるものがいいでしょう。例えば3ヵ月後にTOEICのスコアを50点アップさせる、1ヵ月後には話すときに過去形と現在形を間違えないようにする、3ヶ月で洋書を1冊読みきるなどがあります。目標は夢ではなく、達成できるものであることが大切です。小さな目標、中くらいの目標を設定し、クリアしていくことで自信アップやモチベーション維持につながります。そして、それらが大きな目標達成へとつながっていくのです。

| 基礎知識 |